橋の崩落など世界各地で設置後50年を経過したインフラが、老朽化により大きな事故を起こ

しています。 金属の腐食による劣化も当然含まれていますが、設計当初に想定されたストレス

以上にさらされた事例も見られ、事故原因は様々な要因が複雑に影響しています。原因を腐食

だけに限定することは困難ですが、どの程度腐食が進行しているか、劣化しているか、現状を把

握して診断する技術の確立が求められています。廃棄すべきか、補修で対応すべきか、新規に

構築しなおるか、経済性の評価とともに、安全性をいかに確保してゆくか、大きな課題となってい

ます。
 
 さらに日本ではゲリラ豪雨、集中豪雨、地震などの災害への対応も急務と言われております。

ひとたび自然災害に見舞われると交通機関、電気、ガス、水道などインフラへの影響が生活基

盤を損ない、多大な損失を強いられることになります。事後処理ではなく、現状と今後のニーズ、

経済性に合わせ適切な防錆設計がもとめられています。

  防錆技術学校では、多岐にわたる技術について共通課程で腐食の理論、環境による影響、

現存する基礎技術について基礎を学び、さらに専攻課程で個別の技術を学びます。防錆防食

技術を横断的に教育する機関が不十分であるため、通信教育にもかかわらず高学歴な受講生

が増加しております。宇宙での活動も金属材料が使用され、酸素、水、が存在すれば、腐食問

題が発生します。また、集積化が進む電子部品では、些細な腐食が大きなシステムをも停止さ

せてしまします。このように、防錆防食魏jyつは、先端産業から家電製品、輸送機器、プラント、

ライフラインと幅広く活用され、対応技術も施設防食、防錆塗装、めっき、防錆包装と幅広く対

応しております。そのため、一部インフラの設備では、施工時に防錆管理士を参加させるように

指示する施主も増加しております。

 インフラの整備、維持は公共的な事業が中心となるため、施主となる立場が目先の予算だけ

ではなく長期的な予算措置に対しても十分理解 ・ 検討することが重要となっております。

 当協会では、58年前に防錆技術学校を開講し、防錆防食専門技術者「防錆管理士」の養成を

実施し、既に1万5千162名の資格者が国内外の第一線で活躍しています。

 防錆技術学校の重要性は、広く認識され、経済産業省、国土交通省、日本商工会議所の各

省庁からも毎回後援をいただき実施しております。

 今後、少子高齢化が進むと人材の育成や技術の継承がますます困難になってまいります。現

場で実務にかかわる人を対象とした防錆技術学校は、社内の人材育成により確実な技術継承

を可能にし、ノウハウ を若手に引き継ぎ、防錆防食技術をもって社会を豊かにするための社員

教育として活用いただける内容となっております。また、個人にあっては、ご自身の技術力の証

に、是非、当通信教育「防錆技術学校」を受講され、防錆防食技術をマネジメントできる技術者

(真の防錆防食技術者)になられることをお勧めいたします。




受講のおすすめ 

     防錆技術をマネジメントする